札幌周辺公共交通案内 さっぽろえきバスnavi

利用規約

第1条(目的)

この規約(以下「本規約」といいます。)は、札幌市が運営管理している札幌市内の公共交通機関の乗継経路や運行時刻の案内サイト(以下「さっぽろ・えきバス・ナビ」といいます。)及び地下鉄運休情報メール配信サービス(以下総称して「本サービス」といいます。)の利用に関し、利用の際の条件を定めることを目的とします。本規約は本サービスを利用するすべての方(以下「利用者」といいます。)に適用されます。

  • 利用者は、本規約に基づき本サービスを利用するものとします。
  • 本サービス内において別途規約(以下「個別規約」といいます。)が定められている場合は、利用者は本規約及び個別規約に基づき本サービスを利用するものとします。

第2条(規約の変更)

  • 札幌市は、本規約及び個別規約の内容を利用者の承諾なしに変更・追加・修正することができるものとします。この場合、札幌市は、本サービスのウェブ画面上に掲載する方法により、当該変更等の旨を利用者に通知するものとします。
  • 利用者は、前項により本規約及び個別規約の改訂が行われた場合には、改訂後の本規約及び個別規約を遵守することをあらかじめ承諾するものとします。

第3条(本サービスの内容)

  • 本サービスは、インターネットを介してWebブラウザ又は携帯端末上で動作します。
  • 本サービスは、日本国内での利用に限定します。
  • 本サービスの一部のサービスは、利用者を第5条に定める会員に限定して提供します。
  • 本サービスの提供を受けるために必要な機器、通信手段等の利用環境は、利用者の費用と責任で備えるものとします。

第4条(本サービスの変更、中止等)

  • 札幌市は、本サービスの内容を任意に変更すること、及び予告無しに本サービスを一時停止又は完全に終了することができるものとします。
  • 札幌市は、前項によりいかなる損害が発生した場合においても一切その責めを負いません。

第5条(会員資格)

  • 利用者は、本規約を承諾の上、札幌市の別途指定する手続きにより、必要な情報を入力し、本サービスの会員登録の申し込みを行うことができます。
  • 本規約における会員とは、前項に基づく本サービスの会員登録の申し込みに対し、札幌市が会員登録を承諾した方をいいます。
  • 会員は、一般利用者向けのサービスに加え、会員向けの特定のサービスを受けることができます。
  • 会員向けの特定のサービスの利用に関する条件については、本規約及び個別規約に準ずるものとします。
  • 札幌市は、会員が本規約を遵守していないと判断した場合、当該会員に事前に通知することなく、当該会員に対する本サービスの停止、当該会員の登録削除及び再登録の申し込みに対する拒否を行うことができるものとします。
  • 会員情報として登録された会員ID及びパスワードと現実に入力された会員ID及びパスワードが一致することが、札幌市所定の方法により確認された場合は、札幌市は、会員本人による利用とみなし、当該利用(なりすまし行為の場合を含みます。)によりいかなる損害が発生した場合においても一切その責めを負いません。
  • 会員は、登録した情報に変更があった場合、すみやかに札幌市の別途指定する手続きにより届け出るものとします。
  • 会員は、会員資格を第三者に利用させるほか、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。
  • 会員が退会する場合は、すみやかに札幌市の別途指定する手続きにより札幌市に届け出るものとします。

第6条(会員登録情報等の取り扱い)

  • 札幌市は、会員が登録した情報等を以下の目的で利用することができるものとします。
    1. 本サービスのうち、会員登録をした利用者に対するサービスの提供
    2. 利用者からの問い合わせ対応
    3. 会員を対象としたアンケートの実施
    4. 公共交通の利用促進等に係るキャンペーン実施の際の案内
    5. 新サービス及び新機能の開発
    6. システムの維持及び不具合対応
    7. 利用者属性の調査、統計及び分析
  • 札幌市は、以下に定める場合には、会員が登録した情報を第三者に開示又は提供することができるものとします。
    1. 会員の同意がある場合
    2. 札幌市が行う業務の全部又は一部について秘密保持の義務を負う第三者に委託する場合
    3. 個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)、札幌市個人情報保護条例(平成16年条例第35号)及びこれらの関連法令により認められた場合
  • 札幌市は、会員が登録した情報等を利用して統計的分析を行い、当該分析の結果得られた情報(地域別及び職業別の利用状況、利用履歴等)を、会員個人を識別できない状態で、一般に公開し、又は広告代理店若しくは広告主に提供する場合があります。
  • 第1項第2号並びに第2項第2号及び第3号については、利用者から提供された個人情報についても適用するものとします。
  • 前項に定める個人情報の取り扱い及び会員が登録した情報のうち、個人情報の取り扱いについては、別途定める「札幌市内公共交通案内サイト等プライバシーポリシー」によるものとします。

第7条(免責事項)

  • 札幌市は、本サービスにおける情報の正確性、完全性、特定の目的に対する適合性又は本サービスのコンピューター上、携帯端末上その他の情報端末上での正常動作性若しくは機能性については、いかなる責任も負いません。
  • 本サービスにより得られたルート検索の結果等の利用については、利用者が完全に自己責任の下で決定するものとし、札幌市は、その理由の如何を問わず、本サービスを利用したことによりいかなる損害が発生した場合においても一切その責めを負いません。
  • さっぽろ・えきバス・ナビにデータを提供している交通事業者(以下「交通事業者」といいます。)は、運行計画に基づいて運行しますが、これを常に保証するものではありません。必要に応じて、予告することなく臨時便の運行、通常運行便の運休等を行う場合があるほか、道路事情、その他やむを得ない事情による運行時刻の変動等があります。札幌市は、これらの事情によりいかなる損害が発生した場合においても一切その責めを負いません。
  • 本サービスにおいて掲示されている広告の内容は、広告主が自らの責任により定めるものであり、札幌市は広告の内容及び広告主に関する情報の内容に関し、一切の保証を行わず、かつその真実性等を確認する義務を負わないものとします。利用者は、広告主の提供する商品及びサービスを購入又は利用するか否か、そのほか広告主と取引を行うか否か等を完全に自己責任の下で決定するものとし、札幌市は、当該広告に起因して利用者に損害が発生し、又は紛争が生じた場合であっても、一切その責めを負いません。
  • 札幌市は、天災、予期しない不正アクセス等の行為により、会員が登録した情報を盗取されたことによるいかなる損害が発生した場合においても一切その責めを負いません。
  • 札幌市の過失により、利用者に損害が発生した場合であっても、札幌市に故意又は重大な過失がない限り、札幌市は、いかなる損害及び逸失利益が発生した場合においても一切その責めを負いません。

第8条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用において以下に定める行為を行うことはできません。

  • 本サービスにおいて提供する全てのコンテンツについて、本サービス上で明示的に許諾されている場合を除き、その全部又は一部を複製、抽出、加工、改変、送信可能化等、二次利用する行為、又は公衆送信、再使用許諾等を行い、第三者に利用させる行為。
  • 他の利用者、第三者又は札幌市及び交通事業者の権利を侵害する行為、又はそのおそれのある内容を含む行為。
  • 他の利用者、第三者又は札幌市及び交通事業者の知的財産権(著作権、商標権その他の財産権を含みます。以下同じ。)を侵害する行為、又はそのおそれのある行為。
  • 他の利用者、第三者又は札幌市及び交通事業者に不利益若しくは損害を与える行為、又はそれらのおそれのある行為。
  • 公序良俗に反する行為若しくはそのおそれのある行為、又は公序良俗に反する情報を他の利用者若しくは第三者に提供する行為。
  • 犯罪的行為若しくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為。
  • 札幌市の承認なく本サービスを通じ、若しくは本サービスに関連して行う営利を目的とする行為、又はその準備を目的とした行為。
  • 本サービスの運営を妨げる行為、又はそのおそれのある行為。
  • 本サービスの信用を毀損する行為、又はそのおそれのある行為。
  • コンピューターウイルス等有害なプログラムを本サービスを通じて、若しくは本サービスに関連して、使用若又は頒布する行為。
  • 違法性を有する行為、又はそのおそれのある行為。
  • その他、札幌市が不適切と判断する行為。

第9条(知的財産権等)

本サービスを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、デザイン、画面情報、商標、ロゴ、時刻表データ等に関する知的財産権その他の権利は、札幌市又は札幌市にその使用を許諾した者に帰属します。

第10条(準拠法および管轄)

本規約が準拠する法律は日本法とし、本規約に関する紛争については、札幌地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

この規約は2009年11月18日から施行いたします。